プロフィール

なおやん

  • Author:なおやん
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪速のドル箱

ちぃす。
亀田VSランダエダ戦見ました。
試合終了後、「ああ・・・亀田負けたなぁ・・・
・・・って、ええっ!か・・・勝ったぁ??あやすぃ~(ー_ー;」
まぁ、これが私の率直な感想(笑)

でも、彼はよくやったと思う。
なんせ、19歳であの重圧の中での戦いだもの。
相当な責任感の強さと、努力がないと絶対に出来ないでしょ。
その点では並みの男じゃないと思う。
ただ、ボクサーとしての実力は残念だけど、
まだ口には追いついてないのが現状でしょう(笑)
減量の影響を抜きにしても、まだまだな気がする。

そもそも、連戦連勝で圧倒的な強さを見せ付けながら伝説を残す
ボクサータイプに見えない。むしろ、地べたに
這いつくばりながら泥だらけになって勝っていくタイプ。
そういう点では、しょーもない対戦相手を用意して
連勝記録を作っていく売り出し方はどうかと思う。

でも、それがまたボクシングに興味のない人を惹きつける力となっている
ので、難しい所なのかもしれない。大人の事情と言うやつか(笑)

負けてションベンたらそうが、鼻血出そうが、みっともなかろうが、
いいじゃんか。格好悪い事が本当は格好良いんだ!
昔はそういう格好良さを理解してくれる人がたくさんいたけど、
今は上っ面の格好良さしか見てない人が多いのかな。
負けたって、まだ若いし、ジムの力もあるし、チャンスはあるじゃん。

負けたら、次がないと語っていたけど、あの言葉の裏には相当な重圧が
自分にあるって事なんだろうね。そんな重い物を背負いながら、
ほんと、よくやってるよ。私が19歳だったら、そんなもん、
ポンポン捨ててるよ(笑)あの強気な発言も、そんな重圧に負けないように
自らを鼓舞してるのもあると思う。強気な発言ばかりで何もしない人が
圧倒的に多い中、彼はその強気な発言に追いつこうと必死に努力
している分、立派だよ。

ただ、戦ってもいない相手や、対戦する相手に対しての言葉遣いの
悪さは絶対に損をするので、やめた方がいいと思う。
相手に敬意を払う事が美徳とされている日本人には特に印象が悪くなる。
せめて20歳を過ぎたらやめるべきだ(笑)悪い言葉ばかり使ってると
周囲に同じような連中しか集まらなくなるし、馬鹿にされる。
っというか、親父が注意しろよ!(笑)
人生はボクシングを辞めた後の方が長いんだぞ。

これからは、負けてもいいから、どんどん色々なタイプの強い奴と戦わせて
経験を積ました方がいいと思う。でないと、今回のチャンピオンベルトが
最初で最後のチャンピオンベルトになりかねない。

そのためには、そろそろあの親父に逆らってもいいんじゃないかな?(爆)

くぅぃーす~。

テレビで久本雅美さんを見かけると、
ほとんどと云っていいぐらい、首に何かを巻いている。
あれは何故なんでしょう。首のシワが気になるのでしょうか。
確かに年齢による肉体の衰えの隠せない部分として、
首と手の甲は特にわかりやすい部分ではあるけど・・・。
でも、巻いてない時も見た事がありますが、別に隠す必要がないような?
それとも、他に何か理由があるのでしょうか。
何かに噛まれた跡を隠してるのかな・・・いや、待てよ
紐みたいなもんを首にかけてその跡を・・・ゾゾォ~。

さてさて、私の大好きな内田有紀ちゃんが芸能界復帰~!!
いかなる理由があるにせよ、離婚というのはおめでたい事ではないので、
有紀ちゃんの気持ちを考えると、喜んでいいのか複雑なんだけど、
一ファンとして正直に心情を云わせてもらえば・・・
非常に嬉しいのであ~る(笑)なんせ、芸能人の中で、
唯一握手した人が有紀ちゃんだし。ちなみに、手を握った
感触は、やべぇ猛者かも?って感じでした。(・_・;)

少し前に雑誌のグラビアで、離婚後、初めてその姿を見せましたが、
三年のブランクを感じさせない可愛らしさでした。まだまだイケル!
女優に離婚は付きもの!さらなる飛躍が待っているのだよ!
でも待てよ、数年したらまた結婚して、再び半引退なんて事も・・・うむぅ
まぁ、それはそれで、波乱万丈でいいかもね(笑)

リアルオーラ

ちぃす~おつかれ。

この前、自分のオーラの色を教えてあげようかと言われたので、
へぇ、そんな霊感みたいなのがあるのかと思ったら、
何の事は無い、本を片手に質問してきました。
その本は、人気番組『オーラの泉』で有名な江原啓之さんの著作
なのだけど、そんなんでオーラの色とかわかるのか?というか、
オーラって本当に見えるの?って感じなんだけど、とりあえず、
いくつかの質問に答えたら、自分のオーラ色が強制的に判明した。
「オーラの色は緑です」・・・って、み・・・緑!!
いやぁ~緑かぁ~。でも、緑とい聞いちゃ、喜ばずにいられない。
なんせ、私の一番好きな色だからさ。その時も緑色系統の服着てたし。

でも、緑色のオーラの意味というか、そういうのはなんかイマイチ
気に入らなかった。平和的で癒し系かな?んで、好奇心に乏しく無欲な
所があるので云々・・・みたいな~。なんか、ショボイ。
他にどんな色があるのか聞いたら、そう、ゴールド!!
金があるんじゃんか。意味も聞いたら、なんかよさげだったし。
金にしてくんないかな~。変わるのかな~オーラ。
七色のオーラまとってみたいな~霊感のある人にだけわかってくれる
すげぇオシャレって感じで。

んで、オーラスイッチとかあって、その日の気分で決められるといいな。
まぁ、私の緑は金色に輝く緑、ミドキン(勝手に造語)ってやつだろうね。
それなら納得しよう。

そうえいば、オーラで思い出した事があるのだけど、よく、街で
芸能人を見た人が「すげぇ~オーラ出てたよ」とか
「オーラ出てなかったぞ」とか云うけど、あれは嘘だと思う。
それは、テレビで見てる人が目の前に現れてビックリしたとか、
憧れや恋心からくる、ドキドキ感からくる錯覚だろう。
芸能人である事を知らない人から見たら、ただの綺麗な人だったり
カッコいい人とか、金持ってそうとか、デカイとかそんなレベル。

まぁ、収録スタジオなんかで観に行くと、余計にオーラの錯覚を
起こしそうだけどね、なんせ、プロのスタイリストやメイクの人が
これでもか!ぐらい仕上げて、さらに照明さんがビシッと決めるんだろう
から、錯覚も起こすよ。もし本当にオーラがあって、見えるのなら、
私が歩くだけで、みんなが眩しそうに目を細めるだろうに!
でも、そんな人は極一部の人間だと思う。
普通の人にとってのオーラは、可愛いか可愛くないか、カッコいいか
カッコよくないか・・・その程度。でも、それこそがリアルオーラだ。

よし、うまくタイトルに繋がった。

祝!復刊『創作子どもSF全集 全20巻』

でたぁ~!ついに復刊『創作子どもSF全集 全20巻』!!
分売不可で復刊ドットコム限定予約の定価42,000円!
こりゃ、予約でしょ!というか予約したよ!古書でも
なかなかお目にかかれないせいか、一冊あたりトンデモ価格で
取引されたりするこのシリーズ、単価2,100円は安すぎる!
ただ…
…まぁ…なんというか…
…一冊も読んだ事ないのだけれどね(・_・)

しかぁし~昔から欲しかった本である事は間違いので、
嬉しいねぇ~。物語も挿絵も個性の強い作品ばかりで
凄く面白そうだし。復刊ドットコムに寄せられたコメントを
読んでみると、このシリーズを熱い思いで
待ち望んでる人が、いかに多いかがよくわかる。

おそらく、五月下旬の発売までには予約完売する可能性が高いので、
興味を持った人は、目先の欲にとらわれて
つまらない事に金を使わず、即予約するべし!

…読んだ事ないけど(・_・)

下の画像は『孤島ひとりぼっち』の内容を想像して挿絵にしました。
この少年は淋しくなんかない!o(゜ー゜*o)

kotou.jpg

漫画描きました。

○『コミックギャグダ VOL.2』 東京漫画社

gaguda_1.jpg


という本に漫画描きました。原稿料もらって描くのは初めてなんで、
ちょっと緊張しました。

9月に入ってまもない頃、私のメールに原稿依頼が来たのですが、
正直、びっくりしました。なんせ、HPも全然宣伝してませんし、
リンクもHP立ち上げ時とほとんど変わっていない状態です。
人の掲示板に遊びに行く事が多いのですが、それでもメアドは
載せません。どこ経由で来たのやら…?
で、一号見本誌がその時に届いたのですが、読後に思ったのは
正直に言わせてもらいますと、二号出るかな?という印象でした(笑)

でも、初めてですので、載ればラッキーですし(笑)
ページ数と日数でなんとか描けそうな感じだったので、
描かせていただく事にしました。

んでもって、東京漫画社のHPも見てきたのですが、創立してまもない
出版社です。出版物を拝見すると、パロ?BL?が目立つような感じで、
絵描きをネットで探してるのかぁ~と…それが第一印象でした。

いざ描いてみると、自分が思っていたより、締め切りが
きつくて大変でしたが、手を抜かずにギリギリまで修正したりしてました。
でも、10月の中旬頃の発売予定がなんと12月中旬まで
伸びに伸び、つい最近見本誌が届いた時には、ポシャってもう出ないと
思っていたので、びっくりやら嬉しいやら・・・(笑)

ただ、伸びに伸びたせいか、見直すとひどいね~絵が(笑)
すべてコミスタで仕上げたのがちょっと後悔。途中で、あっ、
ペン入れはアナログの方がいいなっと思ったのですが、
もう時間がありませんでした。
まぁ、絵に自信を持った事ないので、いつもの事なんですけど…。
怠慢だ怠慢!絵の上手い下手というのは怠慢さ!!(-o-;
そのかわり、ストーリーやキャラなどは、なかなか上手く
まとまったように思っています。あと、アクションもいい感じかな。

当たり前ですが、お金もらうという事は、仕事ですから、
趣味で描くのとは違う心構えで仕上げました。
ギャグもわかりやすくしましたし、
色々な意味で読者の窓口を広くしました。
興味があれば、魂込めて描いたので(笑)読んでみてください。

あと、漫画描き募集してるみたいなので、ギャグを描ける人は
どんどん送ってみてはいかがでしょうか?私に原稿依頼が
来たぐらいですから(笑)

ちなみに↓が描いた漫画で「くん太とじぃさん」というタイトルの
新しいスタイルの父子もの(笑)よろしく!(笑)

kunta.jpg

«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。