プロフィール

なおやん

  • Author:なおやん
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★手塚治虫 カラー秘蔵作品集

★『手塚治虫 カラー秘蔵作品集』購入しました。

teduka.jpg


“3000部完全限定!フルカラー<デジタル・マスタリング>で、
幻の数々がよみがえる!!”
●収録作品  ★=単行本未収録
「虹のとりで」 ('56年) 77P
「ぎっこちゃんまっこちゃん」('49年) 1P★
「ぴんぴん生ちゃん」('49年) 1P★
「ピンクの天使」 ('57年) 68P
「ロビンちゃん」 ('54年) 16P
「おかあさんの足」 ('57年) 3P
「鳥よせ少女 [絵物語]」('54年) 4P ★
「しらゆきひめ」('55年) 6P ★
「せむしのこうま」('55年) 6P ★
「かにとへび [絵物語]」('59年) 2P ★
「孔雀石」('55年) 8P ★
「未来をのぞく3人」('58年) 9P
「ふたりの演奏家」('60年) 5P ★
「びいこのおもり」('54年) 4P ★
「くろちょろのぼうけん」('61年) 14P ★
「山小屋の灯」('53年) 4P ★
「ドローン城物語」('53年) 5P ★
「太陽がさかさまだ」('62年) 8P ★
「野ばらよいつ歌う」('60年) 92P ★

だそうです。

価格は五千円…(-o-; 内容のプレミア度からすれば
激安なのだけれどねぇ…本一冊に五千円とは、
僕としてはなかなか頑張りました(笑)

僕は手塚治虫先生がバリバリ活躍していた頃の
世代ではないのですが、それでも手塚先生は漫画の神様として
尊敬しています。残した作品数とあの内容・・・凄すぎる!!

僕自身は、手塚先生のタッチはイマイチ好きではないですけど、
1950年~70年頃のタッチは好きです。そして、その時代の
カラーイラストが素晴らしすぎる!忙しく漫画の描いていた時代に
よくこんなクオリティで作品を描き続けられたのか・・・まさに神様です。

で、メインで収録されている漫画の一つ『虹のとりで』を、
読んでみたのですが、絵の流れといいますか、コマの流れが速いですね。
この前のめりな疾走感は手塚先生の持ち味でもあるのですが、
これが心地よく感じる時と、僕にはちょっと合わない時があります。
この辺りはタッチ同様、ディズニーの影響なのでしょうかね。

にしても、マンガの神様・手塚先生も、泥臭い汗臭い漫画は苦手と
いいますか、意識的に避けていたのでしょうけど、ありませんよね。
まぁ、手塚先生は何を描かせても品がありますので、もしそんな漫画を
描いたとしても、完璧主義な手塚先生の事ですから、きっと
その漫画は封印していたでしょう(笑)見てみたくはありますが(笑)

どんな漫画家でも、苦手なものはあるという事で少しホッとしますね。
ああ、やっぱり人間だったんだなぁ~っと。(笑)

何はともあれ、限定3000部だし、オススメです!
僕はじっくり熟読しますよ~!!なんせ高いもん!(笑)
そして今度はピノキオとバンビを買うぞ!
スポンサーサイト

コメント

次が出てたのか(;゜(エ)゜)

>そして今度はピノキオとバンビを買うぞ!
「リボンの騎士」を買って、そのあと「ピノキオ」どうしようか悩んでいるうちに・・・
もう次が出てたんですね(笑)。
本一冊に5000円、確かにちょっと躊躇する値段。でも古書探求に比べれば格安なんですよね~、う~む。
「おかあさんの足」 がなんか気になります。細いのか太いのか。ちがうって(笑)

リボンの騎士は買ってたのか(笑)

僕も欲しいけど、なかなか・・・(笑)
プレミアで考えると格安もいいところなんだけど。

>おかあさんの足
手塚先生には珍しい残酷ホラー物で
事故で失った脚が、夜な夜な枕もとで
タップダンスするお話。
・・・
・・・・なんてね(・m・)

ああ

どうも。なおやんさんの紹介にノせられて買ってしまいました(笑)。
わたしも手塚先生のタッチはあまり好みではないんですが、作品の面白さが有無を言わさず人を惹きつける。気が付くと読み終えてる、といった具合です。
「おかあさんの足」みたいな話は好きですねえ。
この内容なら5000円は全然高くないと思いますよ。確実に元はとれます(笑)。

おお、購入しましたか~

五千円しますけど、これは買って損ないですよね。
手塚先生がバリバリ活躍していた頃の作品です
から絵にもパワーがありますし。
後年は絵がストーリーの付随みたいな作品ばかり
になってしまった気がします。

で、手塚先生の漫画を読んであらためてわかりましたが
まず、ストーリーが先にありきの漫画家さんですよね。
一コマごとに、台詞があるといっても過言では
ないほどの文字の多さがまさに手塚先生です(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naoyan605.blog6.fc2.com/tb.php/23-605b152c

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。