プロフィール

なおやん

  • Author:なおやん
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★手塚治虫 カラー秘蔵作品集

★『手塚治虫 カラー秘蔵作品集』購入しました。

teduka.jpg


“3000部完全限定!フルカラー<デジタル・マスタリング>で、
幻の数々がよみがえる!!”
●収録作品  ★=単行本未収録
「虹のとりで」 ('56年) 77P
「ぎっこちゃんまっこちゃん」('49年) 1P★
「ぴんぴん生ちゃん」('49年) 1P★
「ピンクの天使」 ('57年) 68P
「ロビンちゃん」 ('54年) 16P
「おかあさんの足」 ('57年) 3P
「鳥よせ少女 [絵物語]」('54年) 4P ★
「しらゆきひめ」('55年) 6P ★
「せむしのこうま」('55年) 6P ★
「かにとへび [絵物語]」('59年) 2P ★
「孔雀石」('55年) 8P ★
「未来をのぞく3人」('58年) 9P
「ふたりの演奏家」('60年) 5P ★
「びいこのおもり」('54年) 4P ★
「くろちょろのぼうけん」('61年) 14P ★
「山小屋の灯」('53年) 4P ★
「ドローン城物語」('53年) 5P ★
「太陽がさかさまだ」('62年) 8P ★
「野ばらよいつ歌う」('60年) 92P ★

だそうです。

価格は五千円…(-o-; 内容のプレミア度からすれば
激安なのだけれどねぇ…本一冊に五千円とは、
僕としてはなかなか頑張りました(笑)

僕は手塚治虫先生がバリバリ活躍していた頃の
世代ではないのですが、それでも手塚先生は漫画の神様として
尊敬しています。残した作品数とあの内容・・・凄すぎる!!

僕自身は、手塚先生のタッチはイマイチ好きではないですけど、
1950年~70年頃のタッチは好きです。そして、その時代の
カラーイラストが素晴らしすぎる!忙しく漫画の描いていた時代に
よくこんなクオリティで作品を描き続けられたのか・・・まさに神様です。

で、メインで収録されている漫画の一つ『虹のとりで』を、
読んでみたのですが、絵の流れといいますか、コマの流れが速いですね。
この前のめりな疾走感は手塚先生の持ち味でもあるのですが、
これが心地よく感じる時と、僕にはちょっと合わない時があります。
この辺りはタッチ同様、ディズニーの影響なのでしょうかね。

にしても、マンガの神様・手塚先生も、泥臭い汗臭い漫画は苦手と
いいますか、意識的に避けていたのでしょうけど、ありませんよね。
まぁ、手塚先生は何を描かせても品がありますので、もしそんな漫画を
描いたとしても、完璧主義な手塚先生の事ですから、きっと
その漫画は封印していたでしょう(笑)見てみたくはありますが(笑)

どんな漫画家でも、苦手なものはあるという事で少しホッとしますね。
ああ、やっぱり人間だったんだなぁ~っと。(笑)

何はともあれ、限定3000部だし、オススメです!
僕はじっくり熟読しますよ~!!なんせ高いもん!(笑)
そして今度はピノキオとバンビを買うぞ!
スポンサーサイト

ヒョードルは神の領域にいるのか!

というわけで、『PRIDE GRAND PRIX 2005 決勝戦』
終わりました~。今回のPRIDEは見応えのある試合ばかりで、
最後まで飽きさせませんでした。

★中村和裕 VS イゴール・ボブチャンチン
判定で中村選手の勝利。立ち技の攻防は少なく、ほとんどが寝技の
攻防で、中村選手の仕掛けてる場面が多かった試合でした。
ボブチャンチンは、なんか覇気がなかったなぁ~~。
あの頬のこけ方のせいかな(笑)

中村選手は体つきがいいですね。ずんぐりむっくりといいますか、
古き良き日本人のお姿といいますか・・・(笑)
でも、日本人が外人と戦う場合、ああいう昔の日本人のような体型の方が
向いているのかもしれませんね。これからどんどん強くなるのでは
ないでしょうか。

★ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ
アローナがシウバを完封して勝利。
いやはや・・・アローナなの強さばかりが目立った試合でした。
何が凄いかって、あのパワーですよ、パワー!シウバに当り負けしないし、
打撃も変則的だけどパワーが凄い。シウバがバランス崩した所とはいえ、
ローで転倒させちゃうし・・・シウバが首相撲にいけば簡単に吹っ飛ばす!
コロコロ転がるシウバなんて見たくないぞ(笑)しかも、足は長くない?
けどリーチが凄くて、上に乗られた時のパウンドも恐ろしかった。
下になったシウバも上手くかわしていたが・・・何にせよ、シウバは全くと
云っていいほど、良い所がなかった試合であった。

★マウリシオ・ショーグン VS アリスター・オーフレイム
マウントからKOでショーグンの勝利。
負けたけど、アリスターいいね!ただ、線が細いかな~。
序盤、ショーグンの攻撃をことごとく凌いで、テイクダウンも常に
上を取ってみせた所は、見事としか云いようがないほど素晴らしかった。
フロント・チョークも1回完璧に決まっていたかにみえたのだが、
ショーグンは脱出!その後は、アリスターからショーグンへと勝利の女神が
移動したのかのような試合展開へ。アリスターの劣勢が目立つようになり、
最後はアリスターの左腕を右ヒザで固定して、マウントからボコボコ。
ショーグンはバランスがいいですなぁ。

★ファブリシオ・ヴェウドゥムVSローマン・ゼンツォフ
三角締めから肘を決めてファブリシオの勝利。
ファブリシオ・・・でかっ!そして強っ!落ち着いた試合運びで
危なげなく勝利。打撃が得意?なゼンツォフの見せ場は
良いポジションを取ったファブリシオを二度ほど切り返して
見せた所ぐらいか・・・。まぁ、今日の試合を見て、僕がゼンツォフの印象を
聞かれたら、太い腕とその腕に“宮本武蔵”と刺青している所だけかな。
あんな負け方では宮本武蔵に失礼だぞ!ゼンツォフ!(笑)
何はともあれ、これからはファブリシオやハリトーノフ辺りが、
ヘビー級戦線を面白くしてくれそうなので、大変楽しみである。

★吉田秀彦VSタンク・アボット
背後からの片羽締め?で吉田秀彦選手の勝利。
体重差があったので、ちょっと吉田選手の怪我など心配したのだけれど、
上に乗られた状態をなんとか凌いで勝利。打撃で勝負と云ってた通り、
積極的に打撃を仕掛けたのは吉田選手だった。むしろ、いいのもらって
あせったのか、組み付きにいったのはアボットの方だ。
でも、体重差があるのだから、アボットも立ち技で勝負すべきだったろう。
テイクダウンからパウンドで勝負しようとしたみたいだけれど、
たいした寝技の技術があるわけでもないアボットが、ガチガチの胴着を
使ったガードを駆使する吉田選手にそれは無謀というものだ。

胴着を着てると汗で滑らないので、腕をとられた場合、腕が抜けにくい。
アボットもその辺やり辛そうだった。でも、昔はただタコ殴りだけの
アボットだったけど、結構地味に寝技も返していた(笑)
まぁでも、初期UFCならともかく、現在のPRIDEで活躍するような選手で
ない事だけは確か。

★エメリヤーエンコ・ヒョードル VS ミルコ・クロコップ
ヒョードルが判定で勝利。
やっぱりな・・・。ヒョードルがあらためて、心技体とすべて揃っている
王者である事がはっきりとわかるような試合であった。
ミルコは1Rの序盤はまだよかったのだが、ガードを固め、
後ろに下がらず、常に間合いを潰しながら前へと出て行くヒョードルの
圧力に、ミルコは徐々に精神的に焦っているようだった。

ミルコが唯一勝利出来る立ち技でも、ヒョードルは無理にテイクダウンへ
行く事なく、果敢に打ち合いながら圧力をかけ続けて、
打ち負けていなかった。
きっとミルコはその時点で、びっくりしたに違いない。
ミルコには珍しくバランスを崩す場面が多かったのもその焦りの
表れだろう。ミルコは言動からもわかるように、少しむらのある
選手なのではないか?もしミルコがヒョードルのように、何があっても
精神的に動じない男であったのならば、それはもう恐ろしい選手なのだ
が・・・。

それと、ミルコはほとんど短い試合時間で勝利しているせいか、
2R以降、スタミナをロスして動きがひどかった。
1Rでヒョードルの上からの猛攻を凌いでロスしたのだろうけど、
それでロスしてしまうようでは、次にもう一度勝負しても
勝てないのではないだろうか。

スタミナのなくなった選手は、どんな強い選手でも、ガソリンの無くなった
車と同じである。当然、ミルコの蹴りも1Rとは比べ物にならないぐらい
スピードもパワーも衰えていた。そのミルコ相手に、ほとんど1Rと
変わらず冷静に戦っていたヒョードルからは、まさに怪物としか
思えないほどの怖さと、そして王者としての貫禄を感じた。
何にせよ、最強の挑戦者と云われたミルコを撃破したヒョードルは
次は誰と戦うのだろう・・・いや、誰を倒すのだろうか。

★マウリシオ・ショーグンVSヒカルド・アローナ
ショーグンが踏み付けから鉄鎚でKO勝利
いやはや驚いた・・・シウバに何もさせなかったアローナが、
今度は逆に何もさせてもらえなかった。

ショーグンが試合開始と同時に、後ろ回ししながらの回し蹴り?の大技を
いきなりアローナにやった時は、やべぇ~テイクダウンされちゃうよ~
って思ったんだけど、なんとオモプラッタで返した!寝技王相手に
よくやるなぁ~と感心しつつも、ショーグンはやっぱり得意の立ち技で
勝負と考えてるらしく、すぐに立ち技へ。
そして、ヒザやパンチで、少し効かされたアローナが、組み付きに行った所
を潰して、踏みつけ、そしてサイドに乗って鉄槌!鉄槌!KO!

ショーグンは背がシウバより大きいので、あのヒザ蹴りは脅威だなぁ。
アローナもシウバが若返ってでかくなってきたようなショーグン相手
ではやり辛かったに違いない。それでも、アローナは強い選手である事は
間違いない、なんせ、あのシウバを完封したのだ。
もう一度ショーグンと勝負したら、今度は勝つかもしれないぐらいの
インパクトをアローナは残してくれたね。

さて、ショーグン勝利後に凄く喜んでいたシウバだが、最後にリングで
シュート・ボクセのチームがショーグンを真中に写真撮影の時、
ショーグン側にいたシウバは、後輩の優勝に喜びながらも
どこかさびしそうな感じに見えた。そんなシウバから、ショーグンが
手を上げてもらっていた時、ショーグンは下からシウバを指差していた。
シュート・ボクセの強さの秘密はそんな強い絆にあるのかもしれないな。

ヒョードルVSミルコ

ついに実現します~ヒョードルVSミルコ!
格闘技ファンが待ちに待ったこのカード、非常に楽しみであります。
どっちの選手も好きですけど、勝つのはヒョードルかなぁ。
ミルコは打撃でKO出来なきゃ勝てそうにない。要するに、
KO出来る打撃が当たるかどうか・・・。

一方、ヒョードルは打撃KOとはいかないまでも、
寝技で判定や一本を取るテクニックが豊富。そのためには、
テイクダウン出来るかどうかにかかってるけど、
見た目は熊なのに(笑)猫のようにしなやかで、素早く相手を掬い
上げるあの投げだったら、おそらく出来るのではないか。
ミルコが蹴りを出した時がそのチャンスかもしれないなぁ。
ミルコのミドルキックを食らって肋骨折れようが、ヒョードルは
フルラウンド倒れないで戦い続けそうだしね。

どっちにしても、あのヒョードルが負ける姿が想像出来ないというのが
本音ですね。早くみたいなぁ。

ミドル級GPはどうだろう・・・
まずはシウバVSアローナ。
これはシウバが勝ちそう・・・アローナがシウバから一本取れるように
思えない。もしアローナが勝つとしたら、寝技で判定決着なんだろうけど、
膠着すると、すぐにスタンドに戻す今のルールでは、寝技で固める事の
多いアローナに勝つチャンスは少ないと見た!ただ、あの上半身から
して相当な腕力がありそうなので、もしかして打撃でKOなんて事が(笑)

アリスターVSショーグン・・・。
これも面白い試合になりそう。なんせ、若くてアグレッシブで、
打撃が得意な二人ときてる!つまんない試合になるわけがない!
勝敗予想が難しそうな試合だね~~アリスターは細いのだけれど、
パワーに対して柔らかく対応している感じで、あれは怖い気がする。
何よりもデカイ!大きな武器だね~フロント・チョークが得意なのも
わかるなぁ~ふところが深いし~ショーグンに勝ったら優勝するんじゃ
ないかな。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。